2011年03月09日

家の構造体/土台取付〜その壱〜

皆様、こんにちわ。

今日は、家の土台の取付工事です。家

土台は家を支える部分です、つまりそこに住む人々を守る重要な箇所です。
その重要な土台を守る、換気・湿気対策の基礎パッキン工法の内容です。


基礎も出来上がりまして。グッド(上向き矢印)
P9170813.JPG


基礎の上に墨出し。(位置出し)ペン
P1080654.JPG

P1080655.JPG


基礎パッキン。
P1080663.JPG


基礎パッキン敷き込み。
P1080665.JPG
〜基礎パッキン工法〜
基礎パッキン工法とは、土台と基礎コンクリートの間にパッキン材を挟み込むことで、
土台と基礎コンクリートの間に隙間を作り、通気性を確保する工法です。
ひらめき 従来の基礎のように換気口(穴)を開ける必要が無いため基礎の強度が高くなる。
ひらめき 換気口による換気工法に比べて約1.5〜2倍の換気性能がある。
ひらめき 優れた換気性能により空気の循環をスムーズにし、床下に、湿気が充満することを防ぐ。
  と、いうメリットがあります。わーい(嬉しい顔)


土台の継手(仕口)
腰掛けかま継ぎ・男木
P1080645.JPG
あり継ぎよりも引張力に対抗できるように考案された継ぎ方、男木の頭が「蛇の鎌首」に似ている為この名前がついた、主に梁、桁、母屋等に使われている。パンチ

土台の継手(仕口)
腰掛けかま継ぎ・女木
P1080638.JPG
女木の下半分にある出張りが腰部分で、これに男木を組む事により垂直方向の力に対抗できるようになる、鎌部分で引張りに対抗している。パンチ

土台の継手(仕口)
腰掛けあり継ぎ・男木
P1080640.JPG
ありと呼ばれる鳩の尾のような扇型の継手、割と単純な継手で土台、大引き等に使われる。パンチ

土台の継手(仕口)
腰掛けあり継ぎ・女木
P1080644.JPG
扇型の部分で引張りに対抗している。パンチ

土台の取付状況。
P1100687.JPG

P1100692.JPG

P1100685.JPG

クリスマス土台はヒバです、ヒバはヒノキ科の木で、香木と言われるほどすばらしい木です、ヒノキチオールという成分を多く含み、そのヒノキチオールが木自身の健康を保ち、虫や湿気から守ります。ヒバの切り粉の中にシロアリを入れると死んでしまいます、しかし人体には無害なのです。クリスマス

長期の湿気に耐えるため船などにも使われた高耐久な樹種です。



福島県いわき市の家づくりはファーストホームへ

logo.gif

posted by firsthome at 17:03| 現場監督のいわき住宅日誌