2014年12月19日

配筋検査

皆様、こんにちわ。

配筋検査をしました。



配筋検査とは、鉄筋コンクリート造建物の工事において、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。


配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、柱・梁・壁・スラブ・基礎など、それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」といいます。また、コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックすることを「配筋検査」といいます。どちらも、建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます


外周部
PC058906.JPG


内周部
PC058909.JPG


隅角部
PC058911.JPG


全景
PC058914.JPG


全景
PC058918.JPG







福島県いわき市の家づくりはファーストホームへ

logo.gif
posted by firsthome at 19:04| 現場監督のいわき住宅日誌